「北鎌フランス語講座」の作者による、葉書の文面で読みとくフランスの第一次世界大戦。

大戦中の郵便料金と貨幣価値

大戦中の郵便料金

 第一次世界大戦(1914~1918年)当時のフランスの国内宛の葉書の郵便料金は(簡単にいうと)次のとおり。

通常料金5語以内 (*1)
1916年12月31日まで105
1917年1月1日以降 (*2)1510

国内宛の葉書の郵便料金(単位:サンチーム (*3) )

(*1) 文面が所定の挨拶の言葉5語以内の場合(または私信を含まない場合)は割安となった。
(*2) 値上がりしたのは、戦争によりインフレが進行し、物価が上昇したことに伴う措置。
(*3) 1サンチームは1フランの100分の1。

なお、兵士が出す葉書と兵士に送る葉書については、基本的には郵便料金は無料となった(「特殊使用」のページも参照)。



当時の貨幣の価値

 次の表は、フランス国立統計経済研究所(INSEE)の換算によるもの。
 インフレの進行により、1914年と1918年では1フランの価値が約半分になっていることがわかる。

1914年の1フラン2014年の3.35ユーロ
1915年の1フラン2014年の2.79ユーロ
1916年の1フラン2014年の2.51ユーロ
1917年の1フラン2014年の2.10ユーロ
1918年の1フラン2014年の1.62ユーロ

 さて、これを日本と比較する場合、表の右側のユーロに2014年当時の為替の換算レートをあてはめて日本円でいくらになるか計算しても、あまり意味がない。貨幣の価値(すなわち購買力)という点では、貨幣以外のものを基準にして比較する必要がある。たとえば、米やパンを買える値段で比較したり、労働者の月給で比較することになるが、しかし何を基準とするのかによって、まったく違う数字が出てくる。そもそも、日本とフランスでは米やパンの位置づけが異なるし、公務員の給与もフランスでは日本ほど高くはない(日本ほど厚遇されていない)はずなので、基準にするにはおそらく無理がある。ワインや酒にしても、税体系の違いをどう処理するかという問題が出てくる。

 ということで、厳密な比較はあきらめ、当時のものを読んで漠然と抱かされるイメージをもとに、計算しやすいこともあって、ここではとりあえず
     当時の1フラン=現在の1,000円(1サンチーム=10円)
と仮定してみたい。

 とすると、1914年当時の葉書の郵便料金(10サンチーム)は100円(5語以内の場合は50円)だったことになり、まず妥当な額のような気がする。

 本ホームページで取り上げ済みの中では、以下の葉書に「フラン」が出てくる。


aujourd'hui : 1 visiteur(s)  hier : 5 visiteur(s)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional